デリヘル情報サイト【本家三行広告】

実録体験レポ

店舗最新ニュース

大塚デリヘル、鶯谷デリヘルについての概要
世の成人男性にとって、無くてはならない性風俗サービスですが、中でも最近最も人気のある業種がデリヘルサービスです。
20世紀も終わりの頃に改正された風営法の流れから、東京、鶯谷、大塚を中心に一気に市場を拡大。
今現在の風俗業界に置いて圧倒的シェアを誇る業種サービスがデリヘルとなっております。

このデリヘルサービスというものはもちろん、エリアにより、風俗店舗数や風俗店舗ジャンルが違い、ここで注目したい代表的エリアとして、大塚デリヘル、鶯谷デリヘルというのがメッカとして挙げられます。
風俗業界を代表する人気エリアの大塚デリヘル、鶯谷デリヘルの特徴はと言えば、まず、風俗店舗の豊富な数。当然その分コンパニオンの数が多くなるため、万人の成人男性が、よりよい風俗サービスを愉しめる受け皿が確立されております。
大塚デリヘル、鶯谷デリヘルのもうひとつの特徴は、風俗店舗のジャンルが実に幅広く存在するところでしょう。
若くてスリムな20代女性、通称「若スリ」、20代後半から30代前半を中心としたお店作りの「若妻店」。
30代後半から40代前半がメインの女性コンパニオンから成る「人妻店」。40代後半以上の「熟女店」。
ちょいぽちゃ女子、デブ専、爆乳爆尻、近年「みけぽ」と呼ばれる(※体重が三桁という意味から)
「ぽっちゃり店」。古き良き風俗の象徴、安心と信頼関係あってこそ奥行きの世界が愉しめる「SM」。
昨今風俗に癒しを求める男性が急増し、風俗界に一代ムーブメントを巻き起こした「性感エステ、マッサージ」。
極めつけは、21世紀の韓流ブームに乗っかりこんで、K-POPアイドル顔負けの若き美女軍団を要する「韓国デリヘル」。
などなど実に多彩なジャンルがある上に、それぞれの風俗ジャンルで店舗数も充実しているエリアが、大塚デリヘル、鶯谷デリヘルなのであります。
※前述した各風俗店ジャンルのサービス業種はいずれも「デリヘル」ひとことでデリヘルと言ってもこれだけのジャンルがあり、風俗店、女性コンパニオンが存在しております。
大塚デリヘル鶯谷デリヘルが風俗の聖地と言われ、今なお風俗ファンから愛される、不動の人気エリアとなって確立されている理由が少しでもお分かり頂けましたでしょうか。
次はまだある、大塚デリヘル、鶯谷デリヘルの人気の秘密を公開致します。
大塚デリヘル、鶯谷デリヘルが人気の理由
20世紀型の風俗店、いわゆる受付に一度出向き、事務手続きを終えてからサービスをうけるタイプと異なり、サービス開始までのその手軽さが人気の火付けとなったデリヘル。
それだけなら大塚や鶯谷が抜きん出たエリアになる理由にはなりませんが、デリヘルを呼ぶ場所、つまりサービスを受ける場所となるラブホテルの数、設備、コストパフォーマンスといった面で、大塚、鶯谷のラブホテル街はデリヘル遊びに最適なエリアと言えるのであります。
男性は大塚で遊ぶなら大塚のラブホテルに入り、大塚のデリヘルを呼び、鶯谷なら鶯谷のラブホテルに鶯谷のデリヘルを呼ぶだけ。
まさに自分の好きなホテルに入り電話をするだけ。(もちろんホテルではなく自宅でもOKな風俗店も有り)風俗店従業員と心地の悪い手続きをせずに済む、これぞ21世紀型の風俗サービス、デリヘルの最も魅力的な部分と言えるでしょう。
大塚デリヘル、鶯谷デリヘルに限らず、デリヘルのメリットと言える便利さ、秘密保守は芸能人や著名人にもうけており、人妻が好きな芸人さんが鶯谷のラブホテルに一人で入っていくのを見たとか等、事実あるお話であります。
最後に大塚デリヘル、鶯谷デリヘルを解説するにあたり忘れてはいけないワードがこれ「人妻」であります。
人呼んで人妻の街と言われるほど、大塚、鶯谷には人妻コンパニオンの比率が多く、それにつられ人妻好きが集まるエリアなのであります。
通常の風俗店は週末や祝日、時間帯で言えば夕方以降に客足が伸びるのですが、人妻店、熟女店はと言えば、店舗営業開始の午前中からお昼過ぎまでが客足の第一ピーク。休日祝日よりも平日の方が、書き入れ時というくらい、客層も変わってきます。
昨今、特に鶯谷デリヘルは若スリ店の伸び悩みが深刻で、若いコンパニオン好きな男性は大塚デリヘルに流れる傾向が強く、鶯谷デリヘルはますます人妻熟女店の様相が強まっているのが事実。ただし、極端な広告露出などを嫌う、若スリの老舗優良店は、少数精鋭体制で今なお、昔ながらの会員から根強い人気を誇る。
実に奥深い歴史と伝統を受け継ぎながら、妖艶の輝きを放つ大塚、鶯谷という街で、お気に入りのひとつを探すのも男の浪漫と言えるのではなかろうか。
大塚エリアについて
大塚と聞いて一瞬ピンとこない方も少なくないのかもしれません。しかし侮ることなかれ、大塚は豊島区、あのビッグタウン池袋から山手線でひとつ隣の駅という優れた立地。
乗降車数も多く、あの昼でも夜でも合間を狙っても常に混んでて有名なおにぎりや「ぼんご」もここ大塚にあります。鶯谷と違う面は単純な利用人口の多さと、若者の多さ。多国籍にわたる顔ぶれも近年目立つ。
大塚デリヘルで遊ぶなら、池袋も視野に入れれる非常に便利な街の割には、冒頭に申した通り若干知名度に劣る部分が否めないのかもわかりません。
鶯谷エリアについて
山手線で一番乗降車数が少ない駅、鶯谷。山手線で一番存在感の薄い駅、鶯谷。と言われてしまうように、世間的にどうしてもマイノリティー感が否めないのが鶯谷エリア。
しかし下町の伝統根付く鶯谷の人間は情に厚く、義理を重んじる風潮があり、それは自然と人を惹きつけ、決して廃れることのない街の見えない力となっている、非常に懐の深い街が鶯谷と言えるでしょう。
残念がら若者やカップルを目にする機会は少ない街だが、近隣には上野、浅草、吉原といった大人の盛り場が充実する、魅力的な街であることは間違いありません。
大塚の風俗について
すぐ隣モンスターマーケット池袋によるところの影響が少なくなく、若いコンパニオンがそれなりに充実しているのが魅力な大塚風俗。どうしても池袋方面の色が強く入るため、それはつまり埼玉方面から流れるということを豆知識としておくと面白いでしょう。
風俗店舗数は鶯谷に劣りますが、店舗運営年数の長い有名デリヘルがひしめくエリアでもあります。一昔前に氾濫した振替店、不良店の影も今でもだいぶ落ち着いた模様。大塚デリヘル倶楽部など勢いのある新興勢力も健在で、見過ごせない風俗街であること確かです。
鶯谷の風俗について
世間一般的な認知は低いようだが、かじる程度でも風俗を知った方なら一度は耳にしたことがあるであろう風俗のメッカ鶯谷。2000年初期に壊滅した西川口流、通称NK流を彷彿とさせる「鶯谷流」という禁断ワードはパンドラの箱となりかねないので、
ここでは触れないようにしておこう。鶯谷風俗というマーケットを知らない方はぜひアンダーグラウンドな世界と敬遠せずに扉を開いて頂きたい。成人男性を喜ばす為にある街と断言できてしまう程の風俗店舗数、あらゆるジャンルを網羅した幅の広さ。
まさにスケールメリットで成り立つ風俗街鶯谷は、不死鳥の風俗エリアと言えるのかもしれません。
大塚風俗のおすすめデリヘル
大塚トキメキ。デリ姫。ルシエルクレール。あさがお。大塚私立クチュヌプ惑星妹部にゅる組ツインテール。あげは。十恋人~トレンド~。紫陽花(あじさい)。大塚デリヘル倶楽部。
大塚ローズマリー。大塚人妻 桃40.com。あくあ。ラグジュエル。美人奥様グループ。チークタイム。あざみ。大塚人妻花壇。グリーンダイヤ。
鶯谷風俗のおすすめデリヘル
あなたに逢いたくて。シェリー。キューティーキューピット。レッドワイン。ぴっくるす2。VAINQUEUR。Funky Milky Baby。鶯谷ローズマリー。鶯谷デリヘル倶楽部。琥珀。鶯谷人妻城。倶楽部しゃらく。濃厚即19妻。主婦の火遊び。
花物語。白いぽっちゃりさん。タイガール。恋するべっぴん。華恋人。あいしゃどう。ミセス・グランデ。見返り美人。鶯谷不夜城。
大塚のデリヘルが呼べるホテル情報
大塚のデリヘルが呼べるラブホテル数は現在約20軒程度。割合としては北口の方が多い。大塚でコスパの良いラブホテルとしてよく挙げられるのが「ALL-INN G(オールインジー)」。経済的に余裕がある時は「アペルト」をチョイスすれば、失敗はないでしょう。デリヘル業者や風俗店から取材時などの使いやすさで定評がある「ホテル ビアンカ ドゥエ」も、もはやデリヘルに特化したラブホテルと言える。ホテルエントランスに置いてあるデリヘル雑誌も充実しているので、とても遊びやすいホテル街と言えよう。
鶯谷のデリヘルが呼べるホテル情報
ホテルの数も大塚とは比にならない規模を誇る鶯谷のラブホテル事情。現在その数は約60軒。鶯谷デリヘル店の風俗嬢にお気に入りのラブホテルは?と聞くと大抵このへんが人気の答えとして返ってきます「P-DOOR GOLD(ピードアゴールド)」、「シャルム2」、「EXE(エグゼ)」、「Asian P-Door(アジアンピードア)」等々。とにかくホテルがたくさんあるので、迷ったり、風俗嬢ウケを狙うならこの辺が無難であります。驚きはこれだけあるホテルとホテルの部屋が、週末や平日でもタイミングによってはどこも満室状態に。
鶯谷のラブホ街は焦ってデリヘルを呼んだはいいが、ホテルを取れないといったサラリーマンでごった返すほどの異様な光景が見られるのも稀ではありません。

スマートフォン版はこちら