本家三行広告を見た

▶大塚デリヘル/人妻デリヘル【あさがお】口コミ体験レポートのご紹介 2019-09-20更新 大塚風俗 人妻デリヘル 熟女デリヘル

▶大塚デリヘル/人妻デリヘル【あさがお】口コミ体験レポートのご紹介

▼店名(クリックで店舗詳細ページへ)
大塚人妻デリバリーヘルス あさがお
http://3-559.com/shop.php?shop=1007
 
▼キャスト
麻生 41才
T:165cm B:95-G W:59 H:86
 
▼コース料金
80分 18,000円
※「本家三行広告見た」特価!!
 
▼キャストの推定年齢
45
 
▼写真信用度
4/5点
 
▼口コミ内容
 
 最近、ずっと鶯谷方面が続いていたので、たまには大塚で遊ぼうかと思い、いろいろ物色していたところ、熟女だが評価が安定して高い麻生嬢が目についた。
祈るような気持ちで店に電話すると、奇跡的に希望する日時に予約が取れた。
有名店の人気嬢ともなると、なかなか予約すら取れないことが多いが、自分の希望する時間帯に予約が取れるとはついていた。
ルンルン気分で当日を迎え、平日の午後過ぎに大塚のいつものホテルに入って店に電話すると、15分ほどで麻生さんが到着。
ドアを開けると、申し分のない美熟女が立っていた。
やっぱり人気嬢にして良かった~と心の中で叫んだ。
 
 想定以上の美人だったので、一瞬固まってしまっていると、「入っても良いですか?」。
「どうぞ、どうぞ、あまりに綺麗だったので、固まってしまって・・・」
「もう、お上手ねぇ。麻生です。私でよろしいでしょうか?」
「勿論です。」
「お若いですねぇ。」
「もうおばさんですよ。本当にお上手なんだから。」
「道を歩いてると、いろいろ声をかけられるでしょう?」
「ずっと、うつ向いて歩いてますから大丈夫です。」
「ほら、前を向いて普通に歩いていると声をかけられるから、そうしているんでしょう?」
「そんなことありませんよぉ~、ご想像にお任せします。」
「麻生さんが綺麗すぎて緊張しちゃって、息子が立たないかも・・」
「またぁ~、冗談ばっかり、もう元気なんじゃないですか?」
と言いながら、さっと手を伸ばして私の股間のあたりをなでなで。
思わず抱き寄せてDKを仕掛けてみると、素直に応えてくれて、麻生さんの柔らかいベロが私の口の中に入ってきた。
とても柔らかいベロで、私の大好物。
 
 息子も一瞬にして直立不動の状態になり、ズボンのファスナーを押し破って飛び出しそうな勢い。
すると、股間を触っていた麻生さんが、「やだぁ~、やっぱりぃ、もう元気じゃないですか?」
「ベロが柔らかくて、本当にキスが気持ち良くて、何だか自分の身体じゃないみたいです。」
「お客さんのベロも柔らかいですよ。」
「実は、キスが大好きなので、やたらとキスしたがりますけど、大丈夫ですか?」
「えぇ、私もキス好きですよ。」
この言葉で火が点いたように、麻生さんのベロを貪った。
 
 まだ事務処理もインコールも何も終わっていないのに、入り口のところで、麻生さんを強く抱きしめ、ただただベロチューを堪能する。
2,3分経ったところで我に返り、「御免なさい、取り乱してしまいました。」
「うぅん、とっても気持ちの良いキスでした。」
その綺麗な笑顔を見て、また抱き寄せようかと思ったが、何とか思いとどまって、事務手続きとインコールを終えた。
シャワーを促されたが、もったいないので、このままおっぱじめようと、麻生さんを抱き寄せてベロチューを始めると、
「汗かいちゃってるので、シャワー浴びさせてぇ。」
確かに、抱きしめた時に汗ばんでいるのを感じていたので、「外は暑かったの?」と聞くと、
「前のお客さんのホテルが遠かったので、少し走ってきたので汗かいちゃいました。」
と嬉しいお言葉をいただいては、本人の希望をかなえてあげようという気になり、シャワーを浴びることにした。
そうでなければ、汗をかいたままの麻生さんを味わいたかった。
 
 シャワールームでは、ボディーソープで丁寧に身体を洗ってくれた。
先に私の身体を洗って、私がシャワールームから出た後で自分の身体を洗い流すのが普通の流れだが、どうしても麻生さんのムチムチボディーを触りたくて、
「じゃぁ、次は私が洗ってあげるよ。」
といって、背後から抱きつくようにして、おっぱいや股間などをゆっくりと掌で洗ってあげた。
ボディーソープの効果で、洗っている私の方も気持ちが良かった。
洗われている麻生さんも気持ちが良いようで、乳首に手が触れるたびに、ビクンと腰が反射的に引けて、麻生さんのお尻が私の息子にぶつかってくる。
 
「乳首感じるの?」
「うん、感じちゃう。」
「こっちはどう?」と、股間に手を伸ばして、掌全体で、マンコ全体を撫で上げると、
「あぁ~ん、いやん。」
「こっちのほうが感じるんだね?」
「やだぁ~、いやん。」
「嫌なの? じゃぁやめる?」
「やだ、やめないで、お願い。」
「どうしてほしいの、こうかな?」と、中指でクリを撫でると、
「そこ~、そこ、そう、そう。」と呻きながら、自分から腰を前後に動かし始めた。
「こっち向いて。」
と振り向いてもらって、麻生さんの柔らかいベロを吸いながら、背後から右手でクリを攻め、左手で乳首を攻めた。
すると、急に腰の動きが速くなったかと思うと、いきなりガクンと膝の力が抜けて座り込んでしまった。
驚いて正面に回り込むと、目の前の私の息子を咥え込んだ。
柔らかいベロで、ゆっくりとねっとりと息子を味わうように舐めてくれた。
 
 私は上から見下ろすような体勢で、両腕をだらんと下ろして両乳首をなでなで。
麻生さんのフェラが気持ち良すぎて、誤爆の危険性を感じたので、
「だめだめ、その辺でやめてもらわないと出ちゃうよ~」
「時間はたっぷりあるんだし、良いわよ出しても。」
「歳だから、2回はできないから・・・」
「またまたぁ、そんなこと言ってぇ~、こんなに硬くて大きいのに??」
「本当に、2回は無理なんだよ。恥ずかしいけど。」
「じゃぁ、ベッド行く?」
「うん。」
などとやり取りの末、手早くシャワーでソープを洗い流してベッドへ。
先に横になっている私の横に、腕枕に飛び込むような体勢で入ってきてくれて、しばらくはベロチュータイム。
ベロだけではなく唇も柔らかい。
こんな気持ちの良いベロチューならずっとしていたいと思った。
 
 右手で両方のおっぱいを揉みながら、ずっとベロチューしていた。
乳首を軽くつまむと、唇を塞がれたまま、「んぐ、んぐ」と呻きながら、ビクンと身体が反応する。
かなり長い時間、ベロを吸っていた。
途中で股間に手を滑り込ませると、もう既に濡れていた。
「あれぇ~、まだ何もしてないのに、何で濡れてるのぉ~」
「やだぁ、ずっとキスされてたら濡れちゃうよぉ~」
「えぇ~、キスだけで濡れちゃうのぉ~」
「だって、気持ちが良いし・・・」
「じゃぁ、マンコ舐めても良い?」
「舐めてぇ~」
というので、さっとベッドから飛び降りて、麻生さんの身体を90度回転させ、両脚をガバッと開き、自分は床に膝立ちになって、ちょうど目の高さに広がるマンコにむしゃぶりついた。
マンコの最下端から、ベロでマンコを押し開くようにして舐め上げると、トロトロに濡れていた。
いやらしいオンナの匂いを放ちながら、蜜が溢れ出していた。
その蜜を舌先で掬い取り、クリを優しく舐めた。
 
「あぁん、あん」と、一際大きな声。
クリの皮を剥くようにして、下から舐め上げる。
そしてベロを上下に高速に振動させるようにしてクリを攻めると、「そこ、そこ、そこ~」と叫ぶような声。
クリを軽く吸いながら、ベロの先っぽでクリを舐めつつ、頭を左右に振ってあげると、「やだぁ、やだぁ、もっとぉ~」と絶叫。
おとなしい美熟女だった麻生嬢が、自分をさらけだしてくれたようだ。
さんざんクリを攻めたので、今度は蜜壺の中にベロを突っ込んでみると、ぬるっとした蜜がどんどん出てくる。
面白くなって、クリを舐めながら人差し指を挿入し、Gスポットのあたりをなでなでしてみると、しっかりと、ブツブツとしたGスポットが見つかった。
「ここでしょう? ここが感じるでしょう?」
「そう、なんでわかるの?」
「どうしても。」
「教えて。教えてよぉ~」
「顔に、ここが感じるって書いてあるから。」
「もう、教えてよぉ~」
などといちゃつきながら、Gスポットを攻めていると、「やだぁ、本当やだ、出ちゃうかもぉ、出ちゃうかもぉ」
と言ったかと思うと、ピューと潮を吹いた。
 
「いつもこうなの?」
「滅多にないけど、たまにある・・」
「スケベな身体だねぇ?」
「私のせいじゃないし、気持ち良すぎて出ちゃったの・・」
と嬉しいお言葉。
掌を反して、裏のGスポットを攻めてみると、「なに、何ぃ、やだぁ、気持ち良い、そこ、そこぉ~」と言いながらまたもや潮。
「いくらでも出るんだね?」
「そんなことないよ、そんなに出ないよ。」
「じゃぁ、試してみる?」
「優しくしてね。」
 
 いつも爪は、これ以上深爪できないというくらい短く切って、先端もやすりをかけてツルンツルンに仕上げているので、マンコの中を傷つける心配は無い。
中指も添えて2本にして、ゆっくりと奥まで挿入し、子宮の入り口と思われるところをツンツン。
すると、ジュワッという音が聞こえてくるのではないかと思うほど、一気に蜜が充満するのが分かった。
「ここも好きなんだね?」
「・・・」
何も言わなくても、上半身を大きく捻じるように反応し、蜜壺の中は湧き水のように蜜が出てくる。
もう一度、先ほどと同じように掌を反して、裏Gスポットのあたりを小刻みに指先でこすり上げると、
「やだぁ~、出ちゃうぅ~、出ちゃうぅ~」と呻いたと思うと、ピューっと潮を吹いた。
「やっぱり出るねぇ」
「もう、やだぁ~」
「じゃぁ、もうやめとこうか?」
「・・・」
 
 可愛くなって、仰向けになっている麻生嬢の上から飛びかかるように抱きついてベロチュー。
少し朦朧としていたようだが、しっかりベロを突き出してくれて、たっぷりと柔らかいベロを吸っていると、
「もっとしてほしい。」
「えっ、何を?」
「さっきの」
「さっきの何?」
「指でして」
「どうしてほしいの?」
「指で中をツンツンして。」
「中って、どこ?」
「あそこ」
「あそこって、どこ?」
「オマンコの中を、お願い。」
「オマンコ気持ち良いの?」
「うん。」
「じゃぁ、オマンコ気持ち良いって言って。」
「オマンコ気持ち良い。」
「どれくらい気持ち良いの?」
「オマンコ凄く気持ち良いから、もっとしてぇ~。」
「こんな感じ?」
「そう、もっと奥、もっと強くぅ~」
「いく時は、ちゃんと言うんだよ!」
「うん。」
「ここ? ここ?」
とGスポットを2本の指の腹で強くこすっていると、「また、また出ちゃう、あぁん」
「我慢しなくて良いよ!」
「やだぁ、やだぁ、やだぁ~」と呻きながら、またもや潮。
 
 今回は上半身も海老ぞり気味になり、息もゼイゼイと苦しそう。
「ちょっと休憩しようか? 水分補給しよ!」
と言って、ペットボトルのお茶を一口飲んで、
「もし嫌じゃなければ、このお茶を口移しで飲ませてもらっても良い?」
「うん、良いよ。」
というわけで、麻生嬢がお茶を口にふくみ、口移しで私に飲ませてくれた。
美熟女から口移しで飲み物を飲ませてもらうのは至福である。
「いっぱい潮吹いちゃったから、水分補給しないと駄目だよ。」
「そんなに出てないでしょう?」
「ここ見てよ、ビショビショじゃん。バスタオル2枚敷いとくよ。」
「やだぁ~、これ全部私の?」
「そうだよ、他に誰が潮吹くの?」
「・・・」
などと冗談を言い合いながら給水タイムが終わり、プレイ再開。
 
 自分の潮でベッドのシーツがビショビショになっているのを見て、恥ずかしそうにしている顔が可愛くてベロチュー。
柔らかいベロを吸うと、息子が瞬時に反応して勃起。
「もう、元気ねぇ~、今度は攻めさせて。」
というや、息子をパクリ。
「舐めっこしようよ。」とお願いすると、
「うん、良いよ。」と言いながら、私の顔を跨いでくれた。
目の前に現れたベチョベチョの綺麗なマンコにむしゃぶりつく。
めいっぱいベロを突き出して、蜜壺の中を舐めまわす。
ついでに、綺麗な肛門もベロベロ。
「ふぅ~ん、うぅ~ん」と、息子を咥えたまま呻く麻生嬢。
クリも下から上に突っつくように刺激すると、「もうダメ、チンチンほしい!」
「まだダメェ~、その前に、顔の上に座ってくれる?」
と顔面騎乗をお願いし、麻生嬢のマンコで私の顔面が覆いつくされる。
ベロがつるのではないかと思うほど、精いっぱいベロを突き出して、蜜壺に挿入。
しばらくベロチンコ攻撃をした後、今度はベロを平らに伸ばして、マンコ全体に下からベロを押し付けるようにして、前後運動。
両手は下から伸ばして両乳首を攻撃。
 
「あぁん、お願い、チンチン頂戴!」
というと、手際良くスキンを装着し、向こう向きのまま騎乗位スマタが始まった。
トロトロマンコにはローションは不要、しかもフィット感もグッド。
あまり騎乗位が好きではないので、しばらく麻生さんにお任せしていると、器用に私の上で180度回転。
待ってましたとばかりに上半身を起こして、対面座位の体勢にしてベロチュー。
美人が相手の時には、必ず対面座位をお願いしている。
麻生嬢の綺麗な顔を見つつ、極上のベロを吸い、腰を突き上げる。
これ以上の至福があるだろうか?
とは言いながら、この体勢はとても疲れるので、直ぐに正上位へ移行。
 
 この体勢でも、ずっとベロチューしながら腰を振る。
しばらくして、松葉崩しの体勢に移行すると、「凄い、何これ、凄い~。」と今日一番の声。
気を良くしてこちらも腰の動きが速くなる。
「いく、いく、いくぅ~」と奇声を上げながら、上半身がビクンと跳ねた。
麻生嬢の息が整うのを待って、上体を倒して、側位バックへ。
右腕を嬢の首の下から回しこんで、嬢の右のおっぱいを揉み、左手は背後から嬢のマンコに伸ばして、クリをスリスリ。
そして、嬢に振り返ってもらってベロチューしながら、一心不乱に腰を振る。
嬢の身体を背後からガッチリとホールドしながら、激しく腰を振っていると、射精感が一気にこみあげてきた。
時計を確認すると、まだ時間がいっぱい残っていたので、発射を思いとどまって、麻生嬢にうつ伏せになってもらって、伸身の閉脚バック。
この体勢もフィット感が良くて、引き続き射精感が襲ってくる。
嬢に脚を開いてもらって、伸身の開脚バック。
これもとても気持ちが良かった。
閉脚よりも開脚の方が密着度が増すので、誤爆寸前の状態。
 
 やっぱり最後は正上位で、美人の顔を見ながら発射したいので、正上位へ。
かなりぐったりしている麻生嬢のベロを吸いながら腰を振ると、これまで我慢していたものが一気に噴き出すように放出されてしまった。
最近の中では、一番多量の白濁液が放出された。
「ありがとう、気持ち良かったよぉ~」
「・・・」
「大丈夫、脚疲れちゃったかな?」
「・・・」
精魂尽き果てたといった感じで、何を質問しても、首を縦や横に振るだけで、言葉が出てこない。
自分で後処理をして、2,3分、添い寝していると、麻生嬢から覆いかぶさってきてベロチュー。
大喜びで柔らかいベロを舐めまわしいると、「もう一回しよう~」
「無理だって、歳だから。」
「大丈夫だよ、大きくしてあげるし。」
「ほら、こんなに萎んじゃってるし。」
先ほどまで、硬くいきり立っていた息子は、全く別人のように意気消沈して委縮していた。
発射してから5分も経っていないのだから、大きくなるはずがない。
麻生嬢は諦める気は無いようで、ベロチューしながら手コキを始めた。
それでも全く反応を示さない息子に対して、顔面騎乗の体勢になって、自分のマンコを私の顔面に押し付けながら、腰を前後に振る。
こちらも失礼が無いように、ベロを駆使してマンコを攻撃する。
だが、息子は全く反応しない。
 
 そのまま、嬢が上体を倒して69の体勢になり、息子への攻撃を加えるが、やはり反応しなかった。
数分間、麻生嬢の攻めが続いたが、全く反応を示さない息子に対して、ようやく麻生嬢が白旗を上げた。
「あんなに硬くて大きかったのに、何でだろう?」
「御免ね、歳だから、1回しか無理なんだ。」
「良いよ、凄く気持ち良かったし。」
などと言いながら、横に添い寝してくれたので、すかさずベロチュー。
結局、最後まで、ずっとベロチューに付き合ってくれた。
 
「来週も出勤してる?」
「うん、まだ生理じゃないから、出てるよ。」
「また指名しても良い?」
「本当? 嬉しい。本当にまた来てくれるの?」
「嫌でなければまた指名させてほしいんだけど、大丈夫?」
「絶対に来て。」と飛びついてきてベロチュー。
アラフォーなのに、どこまで可愛いんだろう。
 
 過去に満足度の高い良嬢は何人も居たが、麻生嬢は、その中でもトップクラスの良嬢だった。
滅多に裏を返さない私も、麻生嬢だけは、時間を空けずに再訪したいと強く思った。
初夏の平日の昼下がり、美熟女と過ごすずぶ濡れのひと時は、癖になりそうなほど甘美な時間だった。
しばらく、通ってしまいそうだ。

本家三行広告を見た

口コミ その他の最新記事

大塚のデリヘル【十恋人~トレンド/福田(32)】口コミ体験談/出会いから惚れ惚れ♪人生やり直せるならこんな美人を奥さんにしたい!

新着大塚のデリヘル【十恋人~トレンド/福田(32)】口コミ体験談/出会いから惚れ惚れ♪人生やり直せるならこんな美人を奥さんにしたい! 2020年12月4日更新 大塚風俗 人妻デリヘル 熟女デリヘル

深田さんは写メ日記を投稿しているのですが正直その写真そっくりのスタイルです。 ウエスト周りは程よく引き締まり、「横から見て」も油断はありません。 顔も美人そのものです。しかも笑顔が可愛いというおまけ付きでございます。

大塚のデリヘル【大塚スピン/みゅう(20)】口コミ体験談/写真より実物はもっと可愛い!!そして独特な訛りに胸キュン必死♪

大塚のデリヘル【大塚スピン/みゅう(20)】口コミ体験談/写真より実物はもっと可愛い!!そして独特な訛りに胸キュン必死♪ 2020年11月27日更新 大塚風俗 激安デリヘル

おっとりとした可愛い顔がこんにちはしており、むしろ実物の方が全然可愛いわーと本音がポロリ。 照れるような、「そんなことないですー」が方言なまりでキュンとしてしまった笑 すごく礼儀正しく、「シャワー行ってきますね」とテキパキしており、若いのにすごいなぁと感心しました。

大塚のデリヘル【大塚スピン/もか(20)】口コミ体験談/文句のつけようがない…清純系の若い嬢の破壊力は最高!!

大塚のデリヘル【大塚スピン/もか(20)】口コミ体験談/文句のつけようがない…清純系の若い嬢の破壊力は最高!! 2020年11月23日更新 大塚風俗 激安デリヘル

一息ついたところで、優しく抱き寄せてキス。 拒否されたらどうしようという不安を抱えながらだったが、嬉しいことに、すんなりとベロを絡めてくれた。 柔らかい唇と、薄くてプリンプリンの張りのあるベロ。 そして細く締まったウエストの感触など、全てがオスの私の本能を沸騰させるに充分な破壊力を持っていた。

大塚のデリヘル【糸/とも子(45)】口コミ体験談/滝のように流れる愛液・・・マザコン心くすぐる壺が満載♪

大塚のデリヘル【糸/とも子(45)】口コミ体験談/滝のように流れる愛液・・・マザコン心くすぐる壺が満載♪ 2020年11月10日更新 鶯谷風俗 人妻デリヘル 熟女デリヘル

私が先に回復し起き上がると、半ば放心状態でベットに横たわる色白巨乳の嬢の裸体に眼を奪われる。 改めて観察すると、嬢のおっぱいの大きさに対して、ブラサイズが合わないのか、おっぱいの下部にワイヤ線の跡が色濃く残っている。 これが、熟女巨乳好きマザコンの私にとっては興奮の壺であり、この普通感が良い。

大塚のデリヘル【星に願いを/しょこ(21)】口コミ体験談/驚くべきコスパ・・・こんな可愛い子とこんなエッチなことしてこの値段???

大塚のデリヘル【星に願いを/しょこ(21)】口コミ体験談/驚くべきコスパ・・・こんな可愛い子とこんなエッチなことしてこの値段??? 2020年11月6日更新 大塚風俗 外国人デリヘル 激安デリヘル

最低限超えてほしいラインを余裕で飛び越した為に既に満足だったのですが、マスクを取った後に出現した顔を見てさらに言葉を失いました。 モロタイ人なのですが、文句無しに可愛いです。 タイ人顔は絶対無理というような人以外は間違い無く受け入れるレベルです。 おいおい、どうなってるんだこの店。

大塚のデリヘル【大塚アテネ/こなつ(22)】口コミ体験談/上〇石萌音似なドM嬢は終始恋人プレー満載♪イチャイチャ好き必見★

大塚のデリヘル【大塚アテネ/こなつ(22)】口コミ体験談/上〇石萌音似なドM嬢は終始恋人プレー満載♪イチャイチャ好き必見★ 2020年10月23日更新 大塚風俗 姉系デリヘル

当日、風呂も大きく部屋もきれいな割に安いホテルモアナに入りまっていると ピンポーンと音がしてドアを開けると・・ 「こんにちわ~」 と愛嬌もあって清潔感ある可愛いこなつちゃん登場です。 お~かわいい 「かわいいねえ~。上〇石萌音に似ているね~」 「よくいわれま~す」

大塚のデリヘル【あげは/牧(34)】口コミ体験談/あれ?営業先の女の子???そんな興奮する展開を超える興奮をプレイで体感♪

大塚のデリヘル【あげは/牧(34)】口コミ体験談/あれ?営業先の女の子???そんな興奮する展開を超える興奮をプレイで体感♪ 2020年10月22日更新 大塚風俗 人妻デリヘル 熟女デリヘル

大塚の定宿Gスタイルでピンポンがなってドアをあけ、マスクをした牧さんに対面したとき、もしかして、あなたは?と聞いてしまいました。 マスクをはずすと、同じ美人でも牧さんの方が少しだけ頬っぺたが丸い感じで別人だとわかり、ほっとしたというか、がっかりしたというか。

大塚のデリヘル【星に願いを/おんぷ(19)】口コミ体験談/母性溢れるイチャイチャな濃厚タイム♪癒されたい方是非!

大塚のデリヘル【星に願いを/おんぷ(19)】口コミ体験談/母性溢れるイチャイチャな濃厚タイム♪癒されたい方是非! 2020年10月21日更新 大塚風俗 激安デリヘル

ベッドに入るといきなり密着度高めのキスからの全身リップ→濃厚なフェラチオとすさまじい連続攻撃にさらされ、防戦一方。 玉から竿先まで丁寧な仕事ぶりに感心しました。 個人的にはこの娘のいいところは母性というかイチャイチャの濃厚さではないかと思います。

大塚のデリヘル【熟女たちの楽園/えれん(45)】口コミ体験談/息子が反応したのは君のドールチェアーンドガッパーナーの香水のせい

大塚のデリヘル【熟女たちの楽園/えれん(45)】口コミ体験談/息子が反応したのは君のドールチェアーンドガッパーナーの香水のせい 2020年10月16日更新 大塚風俗 激安デリヘル 人妻デリヘル 熟女デリヘル

そして乳首に行く時の、彼女の香水の匂いがまぁー素敵。 あまり香水の匂いは好きな方ではないのですが、完全に深呼吸するレベルで素敵な匂いでした、、、 多分ハイブランドなんやろなーと思いながら、彼女の体を抱きしめます。

▶巣鴨大塚風俗/人妻デリヘル【あげは/仁科(35)】口コミ体験レポートのご紹介

▶巣鴨大塚風俗/人妻デリヘル【あげは/仁科(35)】口コミ体験レポートのご紹介 2020年10月1日更新 大塚風俗 人妻デリヘル 熟女デリヘル

▼店名(クリックで店舗詳細ページへ)【あげは】巣鴨・大塚発 風俗~美人奥様・美魔女デリヘル【アゲハ】http://3-559.com/shop.php?shop=1090▼キャスト仁科(にしな)(35)T:162 B:93(F) W:59 H:89いやらしく淫靡な表…