▶鶯谷風俗/人妻デリヘル【人妻艶遊会】口コミ体験レポートのご紹介鶯谷人妻・熟女デリヘル口コミ【本家三行広告】

  1. 【本家三行広告】
  2. 東京風俗
  3. 鶯谷デリヘル
  4. 人妻・熟女
  5. 人妻艶遊会
  6. 口コミ
  7. ▶鶯谷風俗/人妻デリヘル【人妻艶遊会】口コミ体験レポートのご紹介

店舗情報

人妻艶遊会

刺激たっぷり!濃厚なご奉仕を存分に堪能しましょ♪

人妻艶遊会(ひとづまえんゆうかい)鶯谷発 / 人妻デリヘル

  • お店のHP
  • 営業時間10:00~翌朝4:00参考料金60分10,000円

▶鶯谷風俗/人妻デリヘル【人妻艶遊会】口コミ体験レポートのご紹介2020-05-30更新

▼店名(クリックで店舗詳細ページへ)
鶯谷 人妻デリヘル【人妻艶遊会】
http://3-559.com/shop.php?shop=1076
 
▼キャスト
みつき(22)
T165 B89(E) W57 H87
 
▼コース料金
100分 22000円
※「本家三行広告見た」特価!!
 
▼キャストの推定年齢
25
 
▼写真信用度
4/5点
 
▼口コミ内容
 
「人妻」を名乗ってるけど、最近は若妻さんが増えてきている印象です。
受付の男性はぶっきらぼうですが、聞けばきちんと返事してくれます。
 
鶯谷のホテルに入って電話で部屋を連絡して、15分ほどでピンポン。
まだ寒いころだったので、コート姿でした。
 
お、若いなあという第一印象。
彼女を部屋に入れてお店に電話して料金をお支払いをすませます。
 
20代半ばでしょうか。
でもキャピキャピしていなくて安心しました。
プロフィール写真にくらべてちょっとぽっちゃりしてるかと思いましたが、写真のとおりです。
 
ソファのとなりにきて、モジモジしながら
 
「あの…Mなんです…」
 
と言います。
 
「そうなんだ。じゃあいっぱい責めさせてね」
 
コートの下は白いセーターにチェックのパンツでした。
セーターの胸のところが膨らんでいるのがいいですなあ。
 
そこをいきなりむぎゅっとして、それから首筋を指でなぞり、キスをしてベロをねじ込んでみました。いやがりません。
これはいける。
 
セーターの上からおっぱいをもみもみ。
ぬがしちゃおうか、とセーターを脱がせて下のパンツも脱がせて下着姿に。
白い下着がかわいいです。
 
ちょっと恥ずかしがっているので
 
「くるっと回ってみて」
 
と言ってみます。
 
言われた通りにしてさらに恥ずかしがっています。
 
「もっとゆっくり」
 
とやり直し。
 
「はずかしい…」
 
と言いながらも言うことを聞きます。
つぎにブラをとります。
かわいい乳首がつんと上を向いています。
 
きれいなおっぱい。
つぎにパンティをとると、意外にも芝生のようにボーボーです。
これはエロいです。
 
「ボーボーだね」
 
と言うと
 
「ちょっとカットしてるんだけど…きらいですか」
 
「いやこっちのほうがエロくていいよー」
 
「よかったです…」
 
「そこに手をついてみて」
 
とソファーの前のテーブルに手をつかせて、お尻を鑑賞。
お尻の割れ目を開くと、まんこのまわりは毛はなくてきれいなピンク色がのぞきます。
 
くんくんとすると少々潮の香りがします。
肛門がひくひくしていて、彼女の緊張がつたわってきます。
 
「よし。シャワーしようか」
 
とシャワーに誘いました。
 
先にシャワーを出てベッドで待っていると、彼女が手に何か持ってきました。
ガチャで当たったような小型のデンマです。
 
手に取ってみるとブイーンとしっかり震えます。
 
「動きが変わるの」
 
と言うので、ボタンを押すと1から10まで選べるようになってます。
 
「何番が好きなの?」
 
と聞くと
 
「えっ、…あの、3番」
 
と恥ずかしそうに言います。
 
「ということは、よく使ってるの?」
 
と3番をクリに少しずつ近づけながら聞きます。
 
「…はい…家で…でも実家だから…みんなが寝たあととか…ああん」
 
デンマを近づけたり離したりして、反応を楽しみます。
 
そのうち
 
「もっと、もっとしてくださいっ…ああ、あああん」
 
と大きい声が出たところでいったんスイッチを切ります。
 
「気持ちよかった…」
 
と言うので、人差し指で様子をさぐると、びちょびちょになっています。
そこでコデンマのスイッチをもう一度入れて、手のひらでそれを包み人差し指に振動が伝わるようにしながら、指を差し入れます。
 
「ああっそれいい…あたってる、あたってるぅ」
 
と目をぎゅうっとつむっている様子がかわいいので、キスをすると舌を出してきます。そのベロを吸ってやります。
 
力が抜けたようになっている彼女のほっぺたや鼻の先をチュッチュとしてやります。
目をあけて恥ずかしそうに
 
「よかった…」
 
と言いながら、チンポを握ってきました。
彼女が身体をずらしていき、さきっぽを咥えて頭を上下に動かします。
ギンギンになったのを確かめたのか
 
「もういい?」
 
と聞いてきました。
 
そこで身体を起こして、彼女の身体を押さえつけてスマタです。
チンポをこすりつけると
 
「はあっはあっ」
 
と気持ちよさそうな声をあげるので盛り上がります。
身体を横に倒して、横臥位スマタで続けます。
背中から手をまわして乳首をいじってやります。
 
「いやん、あん、きもちいい…」
 
という声を聞きながらフィニッシュ。
しばしの休憩。
 
「ねえ、いまのかっこう、なんて言うの? よかった…」
 
などとかわいいことを言ってきます。
チュッチュしているうちに、2回戦のおさそいが…チンポをニギニギしています。
すぐに咥えさせます。
 
「バックスマタでして…」
 
とみずから四つん這いになるので、後ろからスマタです。
大きな尻がパンパンとワタシの下腹にあたるので、その尻をペンペンと手でたたきます。
叩くたびに
 
「あんっ」
 
と声をあげていやがりません。
膝をついたまま、後ろから肩をつかんで上体を起こし、さらに突き上げます。
そして発射です。
 
おとなし目のショートカットというルックスもストライクでしたが、責め気を満たせてもらえて、プレイも満点でした。

口コミ 最新記事