風情ある街・鶯谷を知ろう~①~【鶯谷~大塚】デリヘル口コミ【本家三行広告】

  1. 【本家三行広告】
  2. 東京風俗
  3. 口コミ
  4. 風情ある街・鶯谷を知ろう~①~

店舗情報

風情ある街・鶯谷を知ろう~①~2018-06-13更新

大塚鶯谷デリヘルファンのみなさんどうもおはこんにちは。
 
編集長のケン馬並です。
 
『鶯谷という街にどんなご縁があったのか…』
 
嫌でも(笑)週の半分近くは通う街なので、
どうせなら歴史を学んで付き合い方を変えたいななんて思いました。
 
歴史、文学となると、どーしても堅苦しさと難しい活字の連続登場に萎えてしまうので、
偏差値40レベルの鶯谷デリヘル編集長目線で、小出しにわかりやすく紹介していこうと思います^^
 
では第一話をどうぞ。
 
 
①「鶯谷という地名になった由来を知りたい」
 
 
▼地名の由来
江戸時代に寛永寺の住職として、代々京都から皇族が駐在していた。
 
その一人である公弁(※1)が、元禄年間に「江戸のウグイスは訛っている」といって当時の文化人・尾形乾山に京都から3,500羽のウグイスを運ばせて、
この地域にウグイスを放し、以後鳴きが良くなりウグイスの名所となったという逸話に由来する。


※1
公弁法親王(こうべんほっしんのう、寛文9年8月21日(1669年9月16日) - 正徳6年4月17日(1716年6月6日))は、江戸時代の天台宗僧侶。
後西天皇の第6皇子、貴宮秀憲親王。出家後、親王宣下を受け法親王となる。

口コミ 最新記事